ボニックのEMSの特徴

ボニック



ボニックのEMSの特徴

ボニックがダイエットに効くもう1つの特徴として、EMSという機能があります。EMSとは低周波の電気刺激で、筋肉を収縮させたり、弛緩させたりを繰り返して、筋肉に刺激を与えます。筋力アップのために使われることが多いようですが、元々は、病気などで動くことができない人のために使われていました。

動くことのできない人でも、筋力が付くよう開発されたものなので、EMSを搭載したボニックでは、動かなくても運動しているような効果が得られるようです。ボニックは1分間に1800回、このEMSを流します。

この回数は、運動効果を出すのに適した回数で、多いと刺激が強すぎ、少ないと効果が出ないようです。超音波で脂肪細胞を破壊し、EMSで筋肉を刺激してリンパの動きを良くし、壊した脂肪細胞を老廃物として体の外に出す仕組みです。

◆ボニック公式


  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る